上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テキサスに花粉症はない。

○か、×か?



答えは×。


sunny
こんな晴天で、風の強かった先週末、私の周りの花粉アレルギー持ちの人たちの
様子が急におかしくなった。

なんとなく、花粉症とは、山がちな狭い国土で、杉のようなアレルギー源になる花粉を
大量に飛散させる木を植えまくり、しかも空気もあまりきれいじゃない日本ならではの
現象で、アメリカのような広大な土地の国では、そういうことはないんじゃないか、という
イメージだった。

ダンナも、日本に住んでいたころ、2月後半から4月にかけての花粉全盛期には、
”日本を脱出できる♪”と喜んでテキサスへ出張していたのに、こちらにきてから、
時々、思いっきり調子が悪そうだ。

どういうことだ?


調べてみると、この日、花粉飛散量は”High”だった。
しかも、1月に入ってから、ちょくちょくと”High”の日があったらしい。

毎日という訳ではないが、”High"で、風が強い日だと、ダンナの花粉症は
一気に重症になる。(こちらは年中、風が非常に強い日が多い)
大地の鼻もグズグズ言い出す。

注意してみてみると、ウェザーチャンネルでも、花粉の飛散予報を流している。
残念ながら、アメリカにも花粉症はあるのだ。

アメリカの花粉症の原因となる花粉は、Tree(木), Grass(牧草), Weed(雑草)。
それぞれの花粉のシーズンは、

Tree・・・3月から5月(例外的に5月から8月という木もある)
Grass・・・5月から8月
Weed・・・7月から10月

となっており、冬は花粉には悩まされなくてよいはずである。

しかし、
どうやらテキサスには特有の花粉源があるらしいのだ。


Juniperus Ashei (=Ashe Juniper, Juniperus sabinoides, Juniperus mexicana)
別名、Mountain Cedar

日本語でも 「マウンテンシダー」になるらしい。
シダー(Cedar)と呼ぶけど、杉ではなく、ヒノキ科ネズミサシ属の樹木らしい。

(難しい(--) 知識がないもので、ここまで調べるのにかなり時間がかかって
しまった。Ashei または Asheの意味は分からず)

この日飛散していた花粉の99%が、これだった。

マウンテンシダーとは、テキサスを中心に、ニューメキシコ州、アーカンソー州、
オクラホマ州、メキシコ北部にかけて生息しているこんな木。
mountain cedar2
mountain cedar1

これが調べてみると、すこぶる評判が悪い木で。

冬に花粉症の原因を撒き散らすのはもちろん、
雨が少ない年には、この木が地中の水を危機的なレベルまで吸いまくるのだとか、
野生の硬材や牧草が生えるべき場所を乗っ取ってしまうだとか、
薪にも造園にも向いていない、
野性の動物のエサにもならない、
建材にも向かない、

と言われ放題である。

このマウンテンシダーの花粉が飛ぶのが11月から3月。ピークは12月から2月。
この時期の花粉症と言えば、原因はこの木しかないのだそうだ。
枝にあたると、花粉が煙のように舞うのだとか。
そういえば、この日、車で走っていると、砂埃のように一帯が煙っているところが
あった。
あれって、もしかして花粉だったの?(゚Д゚;)


うちのあたりの年間の花粉状況は大体こうらしい。

          始まり        ピーク       終わり

Tree      1月中旬      3月後半     6月初旬  

Grass     2月中旬      3月後半     6月中旬

Weed     9月中旬      10月初旬    11月初旬


Grass や Weeds の期間も北米にしては長いのか。
温暖な気候のせいだろうか。

しかし、どうも実感としては、1月~3月のTreeと、9月のWeedが酷いように思う。

実は、9月にも我が家のアレルギー体質者の調子がわるいことがあった。
大地は、鼻がグズグズし、ある時は片目が赤く腫れあがってしまった。
病院に連れて行くと、すぐに「Allergyね」と言われたが、市販のアレルギーの
症状を抑える薬を飲むように言われただけだった。
(結局、それは買わず、目を洗うものを買ってきて、帰宅後などに洗浄するように
してみた。その後、腫れはない)

多分、このときは、”Ragweed (ブタクサ)”が原因だったのだろうと思う。

ダンナが、日本からこちらに出張してくると、花粉症に悩まされなくていい、
と言っていたのは、2月後半から4月までの花粉量がたまたま、日本に比べれば
少なかったから?

という訳で、実はテキサスは、花粉症の人には、あまり住み良い州ではなかった
という話でした。


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
(北米)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/60-1415e54b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。