上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.18 大丈夫かな?
前の記事では可愛いエピソードとして長男の語録を書きましたが、先日の長男との会話は、
おバカ、というより、ちょっと“大丈夫・・・?”と思ってしまうものがあったので、
またネタにしてみる。。。


同じクラスのお母さんたちとお話しする機会があって、翼のクラスのT君が
近いうちに近隣国へ引っ越すことになったらしい、ということを聞いた。

T君は昨年も翼と同じクラスで、学校以外でも何度も遊んだことがある。

え~っ、そうなの!?と驚いて、残念に思っていると、あるお母さんに、


「翼君がT君と一番仲いいらしいわよ。息子が言ってた。」


え、そうなの!?と、またちょっと驚き。

確かに仲は良いけど、一番、という程かどうかは知らなかった。

翼はほぼ全く、学校での話や、お友達の話を家でしない(――)

(不満や愚痴は言ってくることがあるが)

T君の引っ越し話も、他のお母さんたちは子供から聞いて知っているのに、
私は全く知らないわけである。(その他にもこういうことが多々ある)


で、その日翼帰宅後、T君のことを聞いてみた。

「T君、もうすぐ引っ越しするんだって?」

するとすぐに、

   「○○(近隣国)のインターに行くんだよ。(←日本人学校はない地域なので)
    お菓子を持って行って、いつ食べてもいいんだって!(⌒∇⌒)」


屈託なく面白そうに話す翼に、ちょっと “・・・・・。” となっている私だけど、
翼はさらに、

  「授業1時間スキップして(授業に出ないで)、カフェテリアで食べれるんだよ!(⌒∇⌒)」

「・・・・毎日、授業1時間分はサボって、カフェテリアにお菓子食べに行っていいってこと?」

   「そう!」


それも驚きだけど、いや、あなた、それより、


「でも、引っ越したら寂しくなるね。」


聞こえてないのか、さらに楽しげに話を続ける翼。

「お菓子はどのくらいの量持って行っても、いいんだよ!」


あの・・・



「そう・・・でも、引っ越したら寂しくなるね。」

   「・・・・?(キョトン) 引っ越すの?」

「○○(近隣国)のインターに行くってことは、引っ越すってことでしょう?」

   「それは 分かんなかった・・・。」


 ( ̄△ ̄;)


T君から聞くインターの学校の“お菓子話”について、楽しく会話していた
だけだったのか?

“えー、いいなー、お菓子持って行って、いつ、どれだけ食べてもいいんだー、
いいなー、いいな~♪” と、頭の中それだけだった?


ちょっとこれは・・・
“大丈夫かな・・・?” と思ってしまった母でした。


(後日、T君のお母さんとお話しする機会があり、この話をしてみたら、
 お菓子を持って行ってもいいのは事実だけど、
 ”量をどれだけ持って行ってもいい”
 ”授業を抜けて食べに行ってもいい” については、「それは無い・・・」
 とのこと。

 翼、一体、どういう解釈をしてるんだか)


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/608-e5a4e21a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。