上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しつこいですが、また2年生サイエンス、「楽器作り」プロジェクト
ネタです。

提出した作品の結果が返ってきました~


2.4.7

100点!

お~、よかった~、あんなもんあれで良かったのね☆

関わった親としても、ホッとしました。

文章の手直しを嫌がって、大グズリした翼には、
”ちゃんと直したから、100点とれたんだよ。100点とれた方が嬉しいでしょ!?”
と、今後の態度の改善を促しておきました。

(←この大グズリで、2月も”Wiiスポーツ”(唯一許しているゲーム)禁止。
 しばらくして、それを忘れていて やろうとし、止められて、グズって、
 コントローラーを床に投げつけたので、 パパに怒られ、3月も禁止。
 いい加減に学べ、翼。)

ところで、この100点の結果ですが、実は、返却される前に分かっていました。

なぜなら、子供の点数は全てネットでチェックできるんです。

1年くらい前だったかなぁ、このシステムが始まったのは。
「へぇ~、成績もオンラインでチェックするようになったのね~」と思ったのですが、
日本では、どうなのかしら?

先生が結果を入力さえすれば、即時にテストの点数、その期間の
平均点が確認できます。
(私の親はテストの点数に非常に厳しかったので、こんな恐ろしいシステムが
なくてよかった・・・まぁ、どっちにしろ、返却されたテストを見られたら
怒られるんだけど)


6週間に一回、紙でも”通知表”ももらって帰ってきますが、このオンラインで
見られるものを、そのままプリントアウトしただけのものです。

そのうち、年に2回は、もう少し詳しい通知表になりますが、スペシャル科目
(音楽・図工・体育)と学習態度などの評価欄が加わるだけで、先生からの
コメントも何も無く、味気ないもんです。

(アメリカのどこもそうなのかは、分かりません。ちなみに、ダンナのアメリカ小学校
時代の通知表は、先生からのコメントもちゃんと書かれていました。)

しかし、この課題は100点だったのに、理科の平均点、いまいち・・・?
と思ったら、その前の単元の点数がイマイチだった!
内容は、”Forces and Motion”(力と動き)だって・・・

そういえば、日本の1、2年生って、どんなこと勉強してるんでしょう?
今は、理科や社会ってなくて、生活科、でしたっけ?
一応、日本の「生活科」の教科書ももらいましたけど、補習校では
やらないし、全然見てもいない・・・
教科書どおりやる訳でもないですよね?
日本の小学校にお子様が通ってらっしゃる方、よければ教えてくださいませ。

こちらの「理科・社会」についても、そのうちレポートしたいと思います。

おまけ

こちらは、大地の幼稚園のお勉強(?)
2.4.6

「J」についてと、新しいテーマ”Tools & Macheines"(道具と機械)に
入ったようです。

一応、2週間ごとに、一つのテーマについて、勉強(?)したり、
アクティビティをするみたいです。前回のテーマは”冬”で、冬のスポーツに
ついて話合うとか、工作で雪だるまを作るとか、にせものの雪を大きな入れ物に
入れて遊ぶとか、したみたいです

大地は、自分の知っていること、興味あることだと、すごく積極的に
発言して参加しているらしいのですが、 その反対のことになると、何も
喋らず、やる気をみせないようです(--;)


ブログランキングに参加しています。
1日1回、下のバナーを1つでも押していただけると、励みになります。
よろしくお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

人気ブログランキングへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/71-31fb8c51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。