上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(大地5歳0ヶ月 習い始めて1年と1ヶ月)


大地のバイオリンの個人レッスンの先生を、替えることにしました。

昨年9月から通っていたのだめ部屋の先生には、見切りをつけました・・・

明るく、大らかなキャラクターで、子供への接し方もよく、家もすごく近くて通いやすかった
んだけど・・・

良いのは、それだけでした。


”小さいうちから、あまり細かいことは言いたくないから” と、まぁ、それもいいんだけど、
指導的な内容が少なすぎ、殆ど、弾かせてみておしまい、な感じ。

家でやるべき課題も、”キラキラ星”と、いくつかのクリスマスの曲をやってごらん、と言われるだけ。


弦と指の番号で現したシートをくれるので、その通りにやれば、一応曲は弾けるようになるけど、
フォームも押さえ方も、めちゃくちゃ。

それでも、曲が弾けるのが嬉しくて、とにかく早く、適当に弾いて、楽しむ大地。


それでいいのか?と思いつつ、やるべきことや、目の前の目標を何も提示されないので、
練習のさせ方も分からん。


それに、前の先生(引っ越してしまった)は、もっと子供向けの色々な練習の"小技”を持っていて、
紹介してくれたのになぁ・・・


厳しいレッスンは望まないとは言っても、せっかく、3歳からレッスンを始めたのに、
テキトーなレッスンで停滞したままで、もっと後から始めた子に結局抜かされちゃうのも、
どうなの・・・?

おまけに、一向に片付く気配のないお家。

これじゃぁ、大地がキンダーに入って、夕方のレッスンになり、翼を同伴するようになっても、
レッスンの間に翼が本を読んだり、宿題をしながら待つスペースもないよ・・・

(大らかすぎる性格は、あらゆる面に出ており、レッスンに行ってみたら留守で、携帯に電話すると
旅行中だったりとか)

やっぱり、ダメだ!先生替えよう!

という訳で、思い切って、グループレッスンだけに参加させてもらっていたS先生にお願いして
みることにしました。

ちょうど、レッスンの枠が一つだけ空いており、これはもう、決めるしかない!


(のだめ部屋の先生には、”自分に、より合うと思える先生を見つけて替わっていくことは、
良いこと(^^)”と、あっさり快諾してもらえました。)


習い始めて1年ちょっとで、先生を3人も替わってしまい、その切れ間には、練習も滞りがちに
なったり、落ちつかなかったけど、

さぁ、ここから心機一転、腰をすえて頑張るぞ!!


2.9.2

2.9.1

S先生、それはもう、めちゃめちゃ、”きっちり”してらっしゃいます。

でも、子供への接し方は、とても明るく優しく、ユーモアたっぷり。

これは、これまでの先生、3人ともそうでした。
アメリカ人の先生て、その点は共通しているのかな?

これまで、30分のレッスンしか受けてきませんでしたが、S先生は、


「私は1時間のレッスンしかやりません。○○と□□と△△・・・とやっていたら、
1時間ないと足りませんから。


と言うとおり、まずは”チューニング”のやり方や、トーナライゼーションからじっくりと。
(どれも、大地は初めてのこと)


あ~、この先生なら、安心しておまかせできる~・・・


片道6分の移動時間から、また片道30分の移動時間になってしまったけど、やっぱり、
近いっちゅうだけで選んじゃダメだね(--)

ま、最初の先生宅と違って、都心ではなく、通る道もラクなので、その点はよかった。

送迎と時間のやりくり、これからまた頑張ります






関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/76-d54015ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。