上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3歳11ヵ月からバイオリンを習い始めた大地。

(ドラマ「のだめカンタービレ」を見て、「バイオリンが欲しい」と言い出したから)

練習は、もちろんナンだカンだ言ってやりたがらなかったり、本当にやらないときも
あったり、レッスン中も先生の言うことを全く無視して、遊んじゃったり、動きも喋りもせず、
とにかく何も反応しなくなったり・・・


と、こんな状態で、カメのような進歩のスピードなのですが、
それでも、ある時から、フッと、今まで出来なかった(やろうともしてなかった)ことが
出来るようになることがあって、面白いものです。

violin8

(大地 4歳9ヶ月 習い始めて10ヶ月)

1週間ちょっと前まで、弓の上げ下ろしが、大げさなくらい不安定で、グニャグニャで、
右腕も全体を揺らし、鳥肌の立つようなすさまじい音も出していたのが、急に、
ひじから下を動かして安定した上げ下ろしができるようになり。


”キラキラ星”のバリエーション、Set4 の速さが精一杯、バリエーションによっては
ついていけないものもあったのに、いきなり Set6 の速さでも、食らいついていけるようになり。

パット(先生)に「すばらしい!沢山練習したのね!」と言われたのですが、練習量は
変わっていないのにね。


”キラキラ星”で、指で弦を押さえる練習も始めました。


目印に細いテープを貼ってもらっているのですが、押さえる場所はいい加減。
弾く方も、E弦とA弦を一緒に弾いてしまいます。

それでも、頑張って最後まで弾くと、先生は「すごい!とても良かった!」と
大げさに褒めてくれて、私の方にウィンクして、

「今はまだ、あまり細かいことをうるさく言いたくないから。」

前の先生もそうでしたが、この先生もとても明るい雰囲気で寛容に子供を指導してくれて、
よかった、と思います。
家からもとても近くて、通うのも楽になったし。



が・・・



この家のレッスン室が・・・


”のだめの部屋”状態なんです( ̄▽ ̄ι)
(多分、他の部屋も似たようなものかと・・・)

部屋の真ん中で、レッスンをするスペースだけはあるものの、その周りにはとにかく、
色んなものが無造作に積まれていて、

ピアノも鍵盤3オークターブ分くらいだけかろうじて見えているものの、それ以外の
部分は細々としたものがグチャグチャに置かれており。


大地が弾けたごほうびのシールを探そうとすると、他のものがバサバサバサッと落ちる。( ̄▽ ̄ι)


目印のテープを貼るために、ハサミを探して、「あれ?無いわね。どこかしら・・・」 

バサバサバサッ。( ̄▽ ̄ι)


「CDに合わせて弾いてみようか。CDはここに・・・無いわね。どこかしら。
あそこに入れたかしら。・・・あれ、無いわね・・・。」


しょっちゅう、こんな状態で。( ̄▽ ̄ι)


「ここは、、汚いわね。掃除なきゃいけないのよ。」と
独り言のように言っていましたが、

こ、これって、テンポラリーな状態なんですか。(゚◇゚;)

掃除の予定、あるんですか。

ていうか、掃除、できますか?

少なくとも、通い始めて1ヶ月半、この状態変わってませんけど・・・

それさえクリアしてもらえれば、心から「とても良い先生です」と人にも紹介できるんですけど・・・

ちなみに、旦那さんも、中学生のお子さんも、いらっしゃいます。
皆、何も言わない(やらない)のだろうか・・・

というのが、私の今の疑問です・・・



violin6
violin7
レッスン風景。は、背景が、すごいことに・・・・。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/9-3802d5ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。