上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末、翼が発熱。
珍しく、二日間寝込みました。

元気な大地も翼に付き合って、家でじっとしている・・・わけもなく、
パパと一緒に、出かけることもありました。

その度に・・・
9331

「ずるいじゃん!!」 「オレも行きたい!!」

「大地くんバーカ!!」


と泣き喚くので、あ~、うるさい。(--)

「べーだ!!べーだ!!ブリブリ、ブゥー!!」 

↑精一杯の罵り言葉が、まだこの程度なのは、かわいいけど┐(´ー`)┌ 



しかし、二日目の夜、2階で寝たかと思ったら、ふら~っと階段の途中まで
降りてきて、そこで立ったままじーっとしている。
どうしたのか、と見に行くと、焦点が合っていない感じ。

「どうしたの?お水飲みたいの?」と聞くと、ニヤ~っとして、ふんふん、と
頷くけれど、あまりはっきり分かっていない様子。

心配になって、抱きかかえて、水を飲ませに行くと、一応コップから
ちゃんと水を飲んだので、ちょっと安心したが、まだボーっとして、
何か話しかけても反応がフワフワした感じが続く。。
水も少ししか飲まなかったので、ジュースやヤクルトも薦めてみても、
それを拒否。
翼がジュースもヤクルトも飲まないと言うなんて!!( ̄□ ̄;) 

とりあえず、私たちの座っていたソファに寝かせて様子を見ることに。
5分、10分と経つにつれて、表情や動作が普通に戻ってきて、
いつもの様子で眠り始めたので、ホッ。

翌朝、熱は殆ど下がり、表情もすっきりしていました。
昨晩、下に降りたのは覚えているか、と聞くと、「覚えてない」と。
下のソファで寝ていたのは覚えているが、「なんでここにいるんだろう?」と
思ったとのこと。


この様子を見たとき、私は約2年前の出来事を思い出しました。

渡米して間もない頃、大地が発熱し、こんなことがあったのです。

過去の日記より。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
未明から発熱した大地。
昼過ぎ、ウトウトし始めた大地の様子が急におかしくなる。

苦しそうに小さく呻き、呼びかけに反応せず、抱き起こすと嘔吐。

なんだ、吐きたかったのかと思ったが、目の焦点が合わず、瞳が上の方に行き、
ぐったりして手に持っていたオモチャが床に落ち、口を堅く閉じ、
唇がどんどん紫になってくる。

「大地くん!大地くん!!」と覗きこんで呼びかけるが、全く反応しない。

とっさに先日健診に行った小児科しか思い浮かばず、すぐに車に乗せて
小児科に駆け込む。

車の中で、私の問い掛けに少し頷いて反応し始めたので、少しはほっとしたが、
先生に状況を説明して診てもらい、乳幼児の発熱時によく起こる「熱性けいれん」で
あり、あらためて心配ないことが分かって安堵。

この症状についての説明、解熱剤の与え方の指示を受け、

「短い時間の痙攣なら、問題はないのですが、知っておきたいので、いつでも
私に電話してください。5分以上続くときは、 救急車を呼びなさい。」

「日曜日とかでもいいんですか?」

「日曜日でも、早朝でも、いつでも(^^)」

安心して涙が出そうになった。

そういうものがあるとは知ってはいたが、実際に起こると、あの時間
(長く感じたたが、実際には車に飛び乗るまで3分くらい?)は本当に恐怖だった。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

初めて経験する、子供の熱性痙攣でした。
もちろん、そういうものがあることは、よく「子供の病気ガイドブック」みたいな
本や冊子で目にしていたので知ってはいて、サラッと目を通したことも
あったはずですが、後になって思うと、読んでいないも同然でした。

まず、”痙攣”というものを知りませんでした。

その響きから、体が硬くなり、手足がブルブル震え、白目になって、呼吸が
荒くなって・・・というものだと思っていましたが、それだけではなく、この時の
大地のように、”ぐったりと脱力”してしまうのも、"痙攣”の一種なのだということ。

この大地の様子と、本で見た「熱性痙攣=子供には結構あること。5分以内に
治まれば心配ない」ということは、頭の中で結びつかず、ショックで動転してしまい
ました。

実際、5歳までの子供のうち、7~10%は経験するそうです。

私はこのとき、とにかく心配で、大地を抱きかかえたまま、何度も大声で
呼びかけてしまったのですが、正しい対処法ではありませんでした。

とにかく、数日前に行ったことのあった近所の小児科しか思い浮かばず、
車に乗せて、駆け込みました。

大地を抱きかかえたまま、受付のおばちゃんに、「様子がおかしいの!!
今すぐ先生に会わせて!!」と訴え。

おばちゃん、こちらをチラリとだけ見やって、はいはい、分かったよ、というように
頷いた。きっと、状況を飲みこんで、予約はないけど、次に入れてくれるんだろう、
と思った。

・・・が、時間はどんどん過ぎて、周りの患者が普通に診察室に呼ばれていく。
 
どういうこと~!! (`Д´)

受付に抗議。

「様子がおかしい、言うとんねん!!
 今すぐ、会わせろ!!!」

平然と、「順番が来たら、呼ぶから。」と、にべもない受付。

カーッ!!(`Д´)

その後、次の患者を呼ぶために待合室に顔を出した看護婦に、今だ!と
訴えた。

「熱があって、様子がおかしいの!! すぐに先生に会いたいの!!」

大地を見て、頷いてくれた看護婦。

あ~、やっと伝わったかな・・・

その次にやっと番が来て、先生に診てもらうことができ、心配ないと
確信できて、やっと安心。
(ここまで待っている間に、大地はどんどん意識が戻ってきて、普通の
状態になっていたんだけどね・・・)

小児科の受付にしてみれば、こういう状況はよくあることなのかもしれない。
大抵は心配ないことを知っているから、ああいう対応だったのかもしれない。

・・・けれど、その時は、

オマエ、何様!?医者じゃねーだろ!!
チラっと見ただけで、何が判断できる!?
いいから、ここを通せ!!

と暴れて、扉をぶち破りたい気分でした・・・(--)

(その後、評判の悪かったらしいこの受付は、もう他の人に替わって
います。先生はとてもいいと思います・・・と、フォロー。)


と、長くなってしまいましたが、そんなことがあってから、あらためて
調べて分かったこと。

何方かのお役に立つことがあるかもしれませんので、ここに記しておきます。

先程も書きましたが、熱性痙攣は、

・5歳までの子供で、100人に7~10人は経験する。

・グッタリと脱力する痙攣もある。

・痙攣は数分でおさまる。命にかかわることは、まず無い。

・熱がすごく高いときに起こるとは限らない。熱の上がり際にも多い。


そして、「あ、これが痙攣ってやつか!?」と思ったら、

・まず、時計を見て、時間を計り始める。

・衣服を緩める。顔を横に向ける。

・大声で呼びかけたりしない。体をゆすったりしない。

・落ち着いて、様子を観察する。(←これ絶対、難しいけど!)


5分以上続いたら、かかりつけ医に電話!
あるいは、救急車を呼ぶ! 

(救急車を呼ぶのは、10分以上続いたら、と書かれているものもありますが)

ちなみに、”痙攣”は英語で、 ”seizure”(スィージュア~) です。

私は、この単語を知らず、小児科ではとにかく、ジェスチャーも交えて、
必死で痙攣の様子を説明しました。

”熱性痙攣”は、 ”fever seizure”(フィーヴァー スィージュア~)です。

海外で小さいお子さんを育てる方は、覚えておいて損はない言葉だと
思います。

このとき、後から思い出してゾ~っとするのは、”痙攣”と”嘔吐”が同時に
発生したことでした。
たまたま、寝ている側に私が付き添っていたので、すぐに嘔吐に対処する
ことができたのですが、もし一人で寝かせているときだったら・・・嘔吐物が
吐き出されないまま、痙攣でグッタリしていたら・・・
と思うと、本当に背筋が凍る思いです。

これ以降、発熱したときは、目の届くところで寝かせ、様子を常に
気にするようにしています。
(今回、翼はもう大きいし、と思い、2階で寝かせてしまいましたが・・・)

*****
後日談ですが、最近、このときのことを思い出して、ダンナと話したとき、
ダンナが、

「そういえば、その(痙攣騒動の)前、何かおかしいな~と
思ったことがあったよ。一人で手を伸ばして、どこを見てるか分からなくて,
ビクッビクッとして・・・何遊んでんのかな、と思った。」

え~!?遊んでる、と思うか~!?
何で、それをそのとき言ってくれないの!!
それを知っていて、”何だろう?”と検索でもすれば、熱性痙攣の心がまえも
出来たかもしれなかったのに!!(`Д´)ξ

ということで、アドバイス追加。

・パパにも、上記のことをちゃんと教育して、知っておいてもらいましょう。


*****

今回の翼の夢遊病的症状、あるサイトでは、こういうものも熱性痙攣の
一種だと書いてある。
そして、またあるサイトには、「37度台で痙攣が起こる場合」
「6歳以上で痙攣が起こる場合」は、複雑性熱性痙攣で、脳派検査を受けた
方がいい、と書いてあり、少し心配になりました。

熱によるこのような状態は、今回が初めてなのですが、2年程前に、一度だけ、
学校で急に意識がなくなったことがあります。
(ものすごく眠たくなって、床で寝てしまった、と。いくら呼びかけても
しばらく起きなかったらしい。)

この2つが結びついて、何となく気になっています。
今回の翼が、”痙攣”だったとするならば、ですが・・・
これ以外に、普段の生活でおかしいと思うところは何もなく、健康そのもの
なのですが・・・
何か分かる方がおられましたら、アドバイスお願いいたします。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://buchacchi.blog77.fc2.com/tb.php/94-6fc803fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。